猫 便秘

猫の便秘とお家でできる対策方法

アビシニアン
猫には、腎臓機能が低下したり、甲状腺ホルモンの異常が出たりと、猫に特徴的な病気があります。

 

そしてその中の一つに「便秘症」があります。猫の便秘は、腸の動きが弱くなってしまったり、巨大結腸症という腸の筋肉や神経の異常によって発症すると考えられています。

 

しかし、厳密なメカニズムはあまり詳しくはわかっておらず、現実的には、浣腸や下剤を使って処置、管理をすることも多く、猫にとってかなり負担の大きい状態となってしまいます。

 

なので、便秘に対しては、積極的に食事やお水の管理を行い、なるべく負担を減らす努力をしてあげたいところです。

 

「猫の便秘」の原因

 

便秘の原因には、腸管運動の低下、骨盤腔の狭さ、食事内容などが考えられています。

 

腸管運動は、通常は食べ物が腸に入ってきた刺激で動きますが、脱水や腸管の腫瘍、あるいは慢性腎不全などの病気から波及することで、腸管の運動性が低下してしまい、その結果、便が腸に停滞してしまいます。

 

慢性的に便秘になると「巨大結腸症」という状態になり、腸管の神経や筋肉の機能が低下してしまい、さらに便秘を悪化させてしまいます。

 

また、成長期の成長不良で骨の発育に問題があったり、あるいは交通事故で骨盤骨折をしたりして、骨盤腔が狭くなってしまった猫も、便秘を起こしやすくなります。

 

さらには、詳細は後述していますが、食べ物の消化が悪かったり、繊維質が多く、便の量が過剰に増えてしまうことで便秘になることもあります。

 

「猫の便秘」の治療

治療はそれぞれの原因を調べ、それに応じて進めていきます。

 

特に慢性腎不全では容易に脱水状態になるため、こまめな水分補給、あるいは輸液療法を行うことで、便秘も改善することが多いです。

 

腫瘍など物理的に便の通り道を塞いでいるものは外科的に切除したり、リンパ腫などでは抗がん剤でがんを小さくすることで治療します。

 

また、骨盤腔が狭くなっているケースでは、骨盤腔を拡張させる外科手術を行うことで便秘が改善することもあります。

 

しかし、中には直接的に治療が難しいケースも多く、腸管運動を刺激するお薬や下剤を使って強制的に便を排泄させる治療を取らざるをえないケースもあります。

 

その中で、食事管理というのは便秘の治療には必須のものであり、いかに詳述します。

 

 

猫の消化機能とキャットフードについて

犬や人間と異なり、猫は純粋な肉食動物と言われています。

 

では、猫のような肉食動物と他の雑食動物や草食動物との大きな違いは何でしょうか?

 

その一つが消化器官の特徴です。猫のような肉食動物は、他の動物に比べて、消化器官の中でも「小腸」が短くなっています。

 

小腸では胃や十二指腸で消化された食べ物を吸収するだけでなく、実は小腸自体でも消化活動が行われています。

 

小腸では主に腸内細菌によって、食物繊維などの植物性のものを消化したり、あるいは胃や十二指腸で消化しきれなかったお肉などの動物性たんぱく質を分解したりしています。

 

しかし猫のような肉食動物は、その小腸が短いため、植物性の食べ物や消化の悪い食べ物の消化が苦手だと考えられています。

 

ところで、現在、お家で暮している猫の主食は、ほとんどが「キャットフード」と呼ばれるドライフードやウェットフードです。

 

これらキャットフードですが、特にドライフードでは、原材料を見てみるとほとんどのドライフードには「植物性原材料」が含まれています。

 

つまり、ドライフードには肉食動物である猫にとっては、消化が苦手な植物性原材料が含まれいる食べ物であり、草食や雑食動物よりも腸の短い猫では、ドライフードを十分消化しきれず、分解されずに残ってしまいます。

 

もちろん、その後は体に吸収されることなく便となって排泄されますので、当然ウンチの量が増えてしまいます。

 

さらには、未消化な食べ物は腸内細菌にも影響を与え、消化吸収を助ける腸内細菌の力も弱めている可能性があります。

 

つまり、便秘症の猫にとっては、キャットフード自体が便秘を悪化させるリスクとなるのです。

 

「猫の便秘」のリスクを下げるために

とはいえ、近年は水溶性繊維などを用いたキャットフードの登場によって、便秘が軽減されるようにはなってきています。

 

しかし、高齢の猫では腎臓病など、場合によってはそういった便秘に有効なキャットフードが使えないケースもあります。

 

そこでぜひ取り入れていただきたいのが、水分摂取量を増やしてあげることです。

 

猫の祖先はもともと砂漠で暮らしていたと考えられており、少ない水分でも十分活動できる体になっています。

 

しかし、少しでも水分が足りない状態になると様々な機能が低下してくるのですが、その中の一つに「消化管運動の低下」があります。つまり脱水によって腸の動きが悪くなり、当然消化機能も落ちてしまい、便秘を発症するリスクが高くなってしまいます。

 

ですので、キャットフードを使っている場合は、普段からの水分摂取が非常に大切と言えます。

 

猫は水道水よりもミネラルウォーターを好む傾向があるようです。また、温度差や汲み置いてからの時間差などでも、いろんなお水を楽しむ性質がありますので、ウォーターサーバーのお水を使って、様々なお水を用意してあげることは、便秘予防にはとても有効な方法だと思います。

 

>>猫におすすめのウォーターサーバーはこちらを参照下さい

 

-記事作成者:フォロン動物病院 獣医師-

page top