猫の糖尿病

猫の糖尿病について

シャルトリュー
猫の糖尿病は、その名のとおり、尿にグルコースという糖が漏れ出てしまう病気です。

 

猫では比較的多くみられ、完治が難しいことも多いため、正しい管理が必要です。

 

本来、グルコース自体は、体のエネルギー源として身体中のあちこちで利用されるのですが、血液中では、グルコースはどんな時でも常に一定の濃度になるようにかなり厳密にコントロールされています。

 

しかし、そのコントロール機能が失われ、過剰なグルコースが血液中に出てしまうと、体は処理できなくなり、その結果、尿にグルコースが漏れ出てしまうようになります。

 

基本的にグルコースは、食事から摂取された炭水化物から代謝されて生成されます。

 

その他にもタンパク質や脂肪からも、状況によっては体内に貯蔵されたものからも生成することができます。

 

これらによって生成されたグルコースは、体のあちこちに運搬するために、血液中に出てくるのですが、その血管への出入りを調整するのが主に膵臓から分泌されるホルモンです。

 

中でもインスリンと呼ばれるホルモンは、血液中のグルコースを細胞内に取り込むために必要なホルモンで、そのインスリンがうまく機能しなくなってしまうと、糖尿病が発症してしまうのです。

 

猫の糖尿病|原因

上記のように、血液中のグルコースを細胞内に取り込むためのホルモンであるインスリンが機能しなくなり、血液中にたくさんのグルコースが出てきてしまのが「糖尿病」なのですが、では、なぜインスリンが機能しなくなるのでしょうか?

 

それには様々な原因が考えられており、インスリンを分泌できなくなる、インスリンが反応するための受容体と呼ばれる受け入れ口が少なくなってしまう、あるいはインスリンを邪魔する物質(抗体)ができてしまう、などなどのメカニズムが考えられています。

 

これらの原因は、免疫異常によるものや、肥満症などの生活習慣からくる慢性炎症反応により、引き起こされるものと考えられています。

 

猫の糖尿病|症状

糖尿病はエネルギー源であるグルコースが細胞内に取り込まれなくなる病気ですので、栄養不良状態になります。

 

そのため、体重が落ち、毛艶がなくなります。さらには食欲がものすごいのにどんどん痩せてしまう、というような状態も見られます。

 

また、血液中にたくさん出ているグルコースを薄めるために、たくさんの水分を取って、たくさんの尿をするようになるため、いわゆる「多飲多尿」と呼ばれる症状が見られるようになります。

 

さらに重度の糖尿病では、「ケトン」という代謝物質が体に蓄積してしまい、元気が無くなり、特有の口臭が見られ、さらには意識レベルが落ちたり発作が起きたりすることがあります。

 

これは「糖尿病性ケトアシドーシス」と呼ばれ、緊急的な治療が必要な状態ですので注意が必要です。

 

猫の糖尿病|治療

糖尿病の治療は基本的には「インスリン」を補うことが重要になります。

 

しかし、インスリンは薬としては注射しかなく、飲み薬で使うことができません。しかも1日に1回から2回の注射が必要なため、自宅での注射ができるようにならなければなりません。

 

また、インスリン注射を行うにも、どれくらいのインスリン量が適正かどうかは、それぞれの猫で異なります。

 

ですので適切なインスリン量を調べるため、数日間の通院もしくは入院で、血糖値(血液中のグルコース濃度)を測定しながら、インスリン注射を行う必要があります。

 

また、インスリン量が決まったとしても、定期的な検査は必要になります。

 

特にインスリン治療で注意したいのが、インスリンが効きすぎることによる「低血糖」状態です。

 

低血糖になると、場合によっては命に関わる状態になるため、インスリン治療を行うにあたっては、絶対に低血糖は避けなければなりません。

 

そのため、最初のインスリン量を決めたり、定期的な検査、さらには日常の観察は非常に重要になります。

 

また、猫の糖尿病治療においては、食事療法も重要になります。

 

糖尿病の療法食を取り入れることで、血糖値や体重の管理が行いやすくなります。さらには、糖尿病の病態によっては、療法食を取り入れることでインスリン治療が不要になることがあり、場合によっては完治するケースもあります。

 

しかし、療法食は使用するタイミングが重要で、必ずかかりつけの獣医師と相談して取り入れるようにしてください。

 

また人間で使用されるような、飲み薬タイプの糖尿病治療薬は、猫ではまだまだ確立された治療方法ではありません。

 

場合によっては副作用が強く現れることがありますので、どうしても注射が難しい猫などに限って、さらには慎重に使用する必要があります。

 

猫の糖尿病|管理

糖尿病は、そのほとんどが多食、多飲多尿といった症状を示すようになります。

 

そのため、なるべく質の良い食事とお水を用意してあげることが大切です。食事は基本的には糖尿病の療法食をお勧めしますが、どうしても食べてくれない場合などは、なるべく消化の良いものがお勧めです。

 

また、膵臓への負担を軽減するため、脂肪の少ない食事も有効だと考えられていますが、猫自身が脂肪分に旨味を感じるため、低脂肪の食事を食べてくれない猫もいます。

 

また、脂肪の代謝は非常に複雑で、脂肪の量ではなく性質、あるいは炭水化物や腸内細菌によっても大きな影響を受けますので、注意が必要です。

 

また、お水も糖尿病の猫ではたくさん飲むようになりますから、なるべく不純物の少ないものを選んであげたいところです。

 

特に水道水はその性質上、微量な不純物をたくさん含みます。またミネラルウォーターの中でも硬水タイプのものは、猫にとって様々なリスクがありますので、お水に関しては、ミネラルウォーターの軟水がお勧めです。

 

ウォーターサーバーを使用するのも良いでしょう。

 

このように糖尿病は、肥満などの生活習慣が発症リスクとなり、一度糖尿病になってしまうと、その治療および管理が猫にとっても、また飼い主にとっても大きな負担となります。

 

日頃からの生活習慣を健康的に過ごせるように、食事、お水、運動、生活空間は、猫にとってより良いものを選んであげるようにしてください。

 

-記事作成者:フォロン動物病院 獣医師-

page top