猫 ワクチン

ワクチンについて【予防できる病気と副作用】

メインクーン
猫のワクチンも一昔前よりはだいぶ普及したとはいえ、近年の調査では、ワクチン未接種の猫の感染症はまだまだ多く見られています。

 

そこで、猫のワクチンで予防できる病気について、どのようなものがあるのか解説いたします。

 

猫伝染性鼻気管炎

いわゆる「猫風邪」と呼ばれる感染症で、外で生活する猫の多くが感染していると考えられます。ですので、外に出る猫の場合は、野良猫などと接触すると簡単に感染してしまいますので注意が必要です。

 

この病気にかかると、多くの場合は目やにや結膜炎といった目の症状と、黄色や緑色の鼻水を出す鼻炎の症状がみられます。

 

あまり重症化すると、食欲が無くなってしまったり、慢性鼻炎となってずっと鼻炎症状が残ってしまうこともありますので、厄介な病気です。

 

猫カリシウイルス感染症

猫カリシウイルス感染症は、猫伝染性鼻気管炎と似たような症状を示すのですが、より症状が重く、さらには口内炎など口の中の症状を認めるのも特徴です。
口内炎になると口の痛みから、食欲がない、あるいは食欲があっても痛くて食べられないという状況に陥ることもあります。

 

猫の場合は、絶食状態が続くと「肝リピドーシス」という命に関わる状態になることがありますので、注意が必要です。

 

猫汎白血球減少症

名前の通り白血球が減ってしまう、猫汎白血球減少症ウイルス(ネコバルボウイルス)による感染症です。

 

感染すると重度の嘔吐下痢といった消化器症状を示し、白血球が減少、すなわち免疫力が低下してしまい、重篤な場合は死に至ることもある危険な感染症です。

 

また胎盤を通じて妊娠中の子供にも感染することがあり、流産や奇形の原因となることもあります。

 

猫白血病ウイルス感染症

猫白血病ウイルスは、その名の通り血液の病気である白血病を引き起こすウイルスです。

 

ただし、感染したからといって、必ず白血病を起こすわけではなく、症状を出さない「無症候キャリア」(ウイルスは持っていて感染源にはなりますが、症状を出さない状態)となることもあります。

 

猫白血病ウイルスは、特に1歳未満の猫で感染するリスクが高く、また多頭飼育のような一頭あたりのテリトリーが狭く、ストレスがかかりやすい猫も感染する可能性があります。

 

猫クラミジア感染症

この感染症は、クラミジア・フェリスという細菌によって引き起こされる病気で、主に結膜炎や鼻炎といった症状を示します。同じような症状を示す感染症には猫伝染性鼻気管炎と猫カリシウイルス感染症がありますが、症状だけでは区別がつきづらく、また、複数の感染症が同時に起こっている可能性もあります。

 

猫エイズウイルス感染症

猫エイズウイルス感染症は、猫後天性免疫不全症候群と呼ばれる免疫力が低下し、様々な症状を発症してしまう病気です。

 

しかし、猫白血病ウイルス感染症と同じで、ウイルスに感染したからといって必ずしも発症してしまうわけではありません。

 

他の病気にかかったり、高齢で免疫力が落ちると発症してしまいます。

 

なお、猫エイズウイルスには様々なタイプが存在し、猫エイズウイルスに対するワクチンはその中の一部に対する効果を発揮します。

 

人間のインフルエンザワクチンと同じように、ワクチンのタイプが当てはまれば予防効果を発揮しますが、そうでない場合は感染してしまう可能性もあります。

 

接種に当たっては、獣医師ときちんと相談するようにしてください。

 

 

猫のワクチンで見られる副作用について

猫のワクチンは、犬と同様に接種後のアナフィラキシーショックやムーンフェイス(顔の腫れ)などに注意しましょう。

 

それに加えて、猫のワクチンでは、接種後2、3日、いつもより多少元気がなくなることがあります。

 

心配な場合は動物病院に連絡することをお勧めしますが、大抵は安静を保てば治ることがほとんどです。

 

また、ワクチンの種類によっては、ワクチン関連性肉腫という接種した場所が腫瘍化するリスクがあります。

 

ワクチン接種はかかりつけの獣医師と相談しましょう

猫の感染症は外に出る猫の場合、まだまだ感染リスクが高く、積極的に接種することが望まれます。

 

しかし、ワクチンにはメリット、デメリット両方ありますので、どのような種類のワクチンを打つかなど、かかりつけの獣医師としっかりと相談した上で接種するようにしましょう。

 

-記事作成者:フォロン動物病院 獣医師-

 

page top